maisonqueque

2020/08/01 10:00

最初にうちに来てくれたのは、マンチカンという種類のルカ。

(ルカと言う名前は、私が高校時代にホームステイしていたファミリーが飼っていた猫の名前。猫を飼う時は絶対にこの名前を借りよう、と思っていました。)

ルカはもともと長野にいて、キャッテリーを閉める際、里親募集に出されていたものに応募して、連れて帰って来ました。

スモーキーな毛色に、水色のおめめ。私は一目見た時からルカのことが大好きになりました。


ルカはとてもユニーク!どんなに高いおもちゃより、二重にして丸めたティッシュでサッカーをするのが大好きです。

それからとても怖がりな性格なので、例えば自分でドリブルしたティッシュに驚いて飛び上がる(本当に宙に浮くんです)様子を見るのは本当にお腹が痛くなるほど笑えます。構って欲しい時はスッっと側に来て、少し触れるか触れないかぐらいの距離を保ちつつピトっとくっついてきます。急にゴロンと寝っ転がってお腹を見せてきたかと思えば、何に興奮しているのか、部屋中をドフリト走行してみたり・・・。猫を正式に飼うのは初めてなので、こんなにもいろんな表情を見せてくれるのかと、毎日楽しくて仕方がありません。

最近は主人が家具屋で見つけてきた、イームズ風のチェアがお気に入りで、そこで夜寝ることが多くなりましたが、それまでは一緒のベッドで寝ることもしばしばありました。(私が寝ぼけてルカを枕代わりにしたことも何度も・・・)

クークーと寝息を立てて寝るルカは、本当に可愛いんです。



そして次にやって来てくれたのは、チンチラペルシャの白猫のウニカ。やはりルカと似たような状況で里親募集が出されていたので、神奈川から連れてきました。こちらは主人が、好きな詩人の名前をつけました。私はいつも、愛情を込めてうーちゃんと呼んでいます。

ルカが可愛い系だとすると、うーちゃんはみどり色の目がとても綺麗な美人さんです。お気に入りスポットは外の風景が良く見える、ベッドの上。気づくと外を見ているので、もしかしたら外に出てみたいのかもしれません。(ルカもうーちゃんも、家猫なので、外で遊んだりしたことがありません・・・)

うーちゃんはルカの全く反応しない、紐が大好きです。細い紐、平たい紐、長い紐、短い紐・・・とにかく一人遊びができるくらい紐には目がありません。一生懸命紐を噛んだり捕まえようとしているうーちゃんを見ると、とても微笑ましいです。

あと、うーちゃんは主人が大好きで、私が撫でてもすぐに嫌がるくせに、主人に抱っこしてもらったり撫でてもらうとそのまま寝てしまうことも・・・。

その様子を、ルカが遠くから嫉妬の眼で見ていることが多々あるので、私たちの中では、私がルカ派、主人がうーちゃん派、というように、なんとなくですが分担が決まっています。もちろん、二人ともどちらのことも大好きなんですけどね!


二人はもちろん大切な家族。ぜひとも長生きして欲しいです。